PR

ニュース 国際

金正男氏の息子は米国滞在か 米当局が保護と韓国紙

動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿されたマレーシアで殺害された北朝鮮の金正男氏の息子、ハンソル氏を名乗る男性(共同)
動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿されたマレーシアで殺害された北朝鮮の金正男氏の息子、ハンソル氏を名乗る男性(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄で2017年2月にマレーシアで殺害された金正男(ジョンナム)氏の息子、金ハンソル氏が現在、米当局の保護下で米国内に暮らしていると韓国紙、東亜日報が28日、複数の情報消息筋の話として報じた。

 報道によると、殺害事件当時、中国・マカオにいたハンソル氏は、脱北者団体「自由朝鮮」(当時・千里馬民防衛)の支援で第三国に逃れる途中に経由した台湾の空港で手続きが遅れるうち、米中央情報局(CIA)が介入し、行き先が米国に変更されたという。

 同紙は、過去に米国に亡命した金正恩氏の叔母の高英淑(コ・ヨンスク)氏のニューヨーク州にある自宅近くで米連邦捜査局(FBI)の保護下で暮らしているとの関係者の証言も伝えた。

 「自由朝鮮」は2月にスペインで起きた北朝鮮大使館襲撃事件の関与も主張している。28日にはホームページで「私たちは金氏一族の世襲を断ち切ろうと結集した脱北者や同胞の組織だ」と宣言した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ