PR

ニュース 国際

教科書全社が尖閣を「領土」と記述に中国反発

領土問題を扱った教科書。尖閣諸島で活動する海上保安庁の船舶も扱っている(佐藤徳昭撮影)
領土問題を扱った教科書。尖閣諸島で活動する海上保安庁の船舶も扱っている(佐藤徳昭撮影)

 【北京=西見由章】日本の小学校教科書検定で全社が尖閣諸島について「日本固有の領土」と記述したことについて、中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は26日の記者会見で「釣魚島とその付属島嶼(とうしょ)=尖閣諸島の中国側名称=は古来、中国固有の領土であり、日本側が何をしようとも、この事実を変えることはできない」と反発した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ