PR

ニュース 国際

EU離脱で英議会 政権から主導権奪取狙う案可決

25日、議会で話すメイ英首相(ロイター)
25日、議会で話すメイ英首相(ロイター)

 【ロンドン=岡部伸】英議会は25日、メイ首相の離脱協定案が週内に可決されるメドが立たない状況を受けて、EU離脱の主導権を政権から議会に移す代替案を探るための投票の実施を求める超党派の提案を賛成多数で可決した。投票は27日、実施される。またメイ氏は25日、議会で離脱協定案は「十分な支持がない」と述べ、現時点で3度目の採決を行えば、否決の可能性が高いと認めた。

 与党、保守党のレトウィン議員が提出した動議で、賛成329、反対302で可決された。議会は27日に離脱に関するさまざまな選択肢を採決する「インディカティブ(示唆的)投票」を行う。政府案よりもEUとの緊密な関係を維持する案や離脱の是非を問う国民投票の再実施への賛否を問う見通しで、代替案を模索する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ