PR

ニュース 国際

米艦2隻が台湾海峡を通過 今年3回目

 【ワシントン=黒瀬悦成、台北=田中靖人】米第7艦隊は24日、米海軍のイージス駆逐艦「カーティス・ウィルバー」と沿岸警備隊の巡視船「バーソルフ」が24日、台湾海峡を通過したと発表した。米国の艦船が台湾海峡を通過するのは今年に入り3回目。トランプ政権は、米艦船による台湾海峡の通過を恒常化させることで、台湾への軍事的圧力を強める中国の習近平体制を牽制(けんせい)する構えだ。

 台湾国防部の発表によると、2隻は台湾海峡を台湾の南西側海域から北方向に通過した。

 米沿岸警備隊の艦船が台湾海峡を通過するのは異例。米沿岸警備隊は最近、南シナ海を含むインド太平洋地域での中国の覇権的行動に対抗するため、東南アジア諸国の沿岸警備隊との連携強化などの活動を活発化させており、今回の台湾海峡通過も米沿岸警備隊の存在感を中国に誇示する狙いが込められているとみられる。

 米第7艦隊は今回の海峡通過について、「国際法にのっとった定例の航行だ」とした上で、「これらの艦船の台湾海峡通過は、自由で開かれたインド太平洋への米国の取り組みを示すものだ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ