PR

ニュース 国際

露疑惑報告書説明へ調整 米長官に全面公開の圧力

23日、米バージニア州の自宅を出るバー司法長官(ゲッティ=共同)
23日、米バージニア州の自宅を出るバー司法長官(ゲッティ=共同)

 トランプ米政権のロシア疑惑で、バー司法長官は23日、モラー特別検察官の捜査報告書を議会に説明するための調整を行った。議会で疑惑を追及する民主党は報告書全文の議会提出と公表を要求、市民団体も全面公開を求めて提訴するなどバー氏への圧力が強まっている。バー氏は世論の動向も見極めつつ、公表する範囲を判断しているとみられる。

 報告書は2016年米大統領選への介入でロシアとトランプ陣営が共謀した疑惑や、トランプ大統領が疑惑捜査を司法妨害した疑いについての判断が焦点。トランプ政権の命運を握り、全米の関心が寄せられている。20日発表のCNNテレビの世論調査によると、報告書を全面公開すべきだと回答した人は87%に上った。

 バー氏は近日中に報告書の概要を上下両院の司法委員会に通知し、公表する見通し。報告書は「幅広い内容」に及ぶと司法省高官は米メディアに指摘するが、機密扱いされており、公表する義務はない。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ