PR

ニュース 国際

BIGBANG前メンバーの性接待疑惑で醜聞次々、韓流大揺れ…文政権、徹底捜査指示に思惑も

2月27日、ソウル市内の警察に出頭した「BIGBANG」メンバーのV・Iさん(聯合=共同)
2月27日、ソウル市内の警察に出頭した「BIGBANG」メンバーのV・Iさん(聯合=共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ソウル=桜井紀雄】日本でも人気の韓国のアイドルグループ、BIGBANG(ビッグバン)の前メンバーが性的接待に関与した疑惑をきっかけに周囲の著名芸能人の疑惑が次々浮上し、韓国芸能界を揺るがす一大スキャンダルに発展した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、性接待に絡む過去の事件も含めて徹底捜査するよう指示したが、政治的背景も見え隠れする。

 韓国警察は21日、女性との性行為を隠し撮りした動画をネット上で知人らと共有したとして、性暴力犯罪処罰法違反容疑で、歌手でタレントのチョン・ジュニョン容疑者(30)を逮捕した。被害女性は10人以上とみられ、逮捕状審査前に涙ぐみながら「全ての容疑を認める」と語った。

韓国当局が捜査・再調査する事件・疑惑
韓国当局が捜査・再調査する事件・疑惑
その他の写真を見る(2/2枚)

 ネット上の同じグループに入り、疑惑の発端となったのがBIGBANGでV・I(ヴィ・アイ)の名前で活躍していたイ・スンヒョン氏(28)だ。外国人投資家への性的サービスを含む接待に関与した疑いのほか、取締役だった「バーニングサン」などのクラブをめぐって薬物の流通や脱税の疑いが持たれ、警察が捜査している。

 飲酒運転の報道もみ消し疑惑といった周囲の芸能人のスキャンダルも次々発覚し、人気テレビ番組の中止など影響は拡大している。

 さらに警察幹部らが事件のもみ消しに関与していた疑いが浮上し、管轄する行政安全相が19日、記者会見で謝罪。2009年に「性的接待を強要された」と書き残して自殺した女優のチャン・ジャヨンさんや、13年に建設業者から性接待を受けたとされながら不起訴となった元法務次官のケースなど、過去の疑惑と合わせて真相究明に取り組む方針を法務相とともに表明した。これら事件の調査状況を報告された文氏が18日、いずれも「社会特権層」による不正だと強調し、「警察と検察指導部が組織の命運をかけて責任を取るべきだ」と徹底捜査を指示したことを受けたものだ。

 保守系最大野党「自由韓国党」の黄教安(ファン・ギョアン)代表が元法務次官の捜査当時に法相を務め、チャンさんの事件では保守系大手紙の社主一家の関わりが指摘されてきた。旧保守政権下の捜査のずさんさや不正の隠蔽(いんぺい)を浮き彫りにさせることで、国民の支持をつなぎ止める狙いだとの見方も出ている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ