PR

ニュース 国際

北朝鮮、南北連絡事務所を撤収 韓国に「米の顔色うかがうな」

2018年9月、北朝鮮の開城で行われた南北共同連絡事務所の開所式(AP)
2018年9月、北朝鮮の開城で行われた南北共同連絡事務所の開所式(AP)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国統一省は22日、北朝鮮・開城(ケソン)に南北が昨年9月に開設した共同連絡事務所から北朝鮮側の人員が同日に撤収したと明らかにした。北朝鮮側は「上層部の指示だ」と説明したという。

 北朝鮮は対外宣伝サイトで「米国の顔色をうかがうばかりで、実践的な措置を何ら取れずにいる」と韓国を非難している。先月末の米朝首脳再会談が物別れになり、南北の経済協力も進まない中、トランプ政権に制裁緩和などを強く働き掛けるよう文在寅(ムン・ジェイン)政権に警告する狙いとみられる。

 米朝会談後は、北朝鮮側幹部の事務所不在で、週に1度の南北間の定例会議も開かれていなかった。

 一方、朝鮮中央通信は22日、北朝鮮の国会に当たる最高人民会議第14期第1回会議が4月11日に開かれると報じた。対外情勢の変化を踏まえた体制の刷新があるのかが注目される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ