PR

ニュース 国際

菅官房長官「一方的なガス田試掘、極めて遺憾」 外交ルートを通じて中国に抗議

 菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、東シナ海の日中中間線付近で中国が一方的に進めるガス田開発で、今月上旬に複数の「移動式掘削船(リグ)」が試掘などの活動を行ったことに対し、外交ルートを通じて抗議を行ったと明らかにした。菅氏は「東シナ海の日中間の海上の境界が画定しない状況で、中国側が一方的な開発に向けた行為を継続していることは極めて遺憾だ」と述べた。

 抗議は外務省の担当課長から、在日中国大使館の参事官に対して行った。

 日中両政府は平成20年、東シナ海の境界画定までガス田の共同開発区域を設定し、協力することなどで合意したが、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる対立で交渉は中断している。

 菅氏は「中国側に合意に基づく交渉を早期に再開し、合意を実施することを引き続き求めていく」と語った。

 中国のリグは昨年9月に日中中間線付近の中国側に現れて以降、試掘と移動を繰り返し、今月上旬、新たな海域に移って試掘を始めた。別のリグも今月上旬から中国が設置している16基の永続的なガス田採掘施設のうち1基の近くに停泊。試掘などを行う可能性がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ