PR

ニュース 国際

ナザルバエフ大統領が辞意 カザフスタンを30年指導 「次世代に託す」

カザフスタンのナザルバエフ大統領
カザフスタンのナザルバエフ大統領

 【モスクワ=小野田雄一】中央アジアの旧ソ連構成国、カザフスタンのナザルバエフ大統領(78)は19日、同国のテレビ番組で演説し、大統領職から退くことを表明した。辞任は20日付。インタファクス通信などが伝えた。同国法に基づき今後、新たな大統領を選ぶ選挙が行われる。

 同氏は演説で「最高位に就いて30年になる。国家改革の仕事を次世代に託す」などと述べた。

 ただ、国の安全保障会議議長と与党代表は続けるとしており、実質的な権力は手放さない考えとみられる。長女で政治家のダリガ氏に段階的に権力を委譲する可能性もある。

 ナザルバエフ氏はソ連時代末期にカザフの指導者の地位に就き、ソ連崩壊に伴う1991年の同国独立後も約30年にわたって大統領を務めてきた。同氏の辞任により、トカエフ上院議長が暫定的に大統領権限を代行する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ