PR

ニュース 国際

NZ乱射容疑者、銃5丁所持 豪出身28歳、監視対象外

銃乱射事件が起きたモスクの付近で警戒する警察官ら=16日、ニュージーランド・クライストチャーチ(ロイター)
銃乱射事件が起きたモスクの付近で警戒する警察官ら=16日、ニュージーランド・クライストチャーチ(ロイター)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ニュージーランド南島クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)2カ所での銃乱射事件で、アーダン首相は16日記者会見し、殺人容疑で訴追された男(28)が銃計5丁を所持していたと明らかにした。2丁は殺傷力の強い半自動小銃だった。アーダン氏は死者49人、負傷者が約40人に上った同国史上最悪の銃乱射事件を「テロ」と断定しており、捜査当局は動機の解明を本格化させた。

 男はオーストラリア人のブレントン・タラント容疑者で16日、クライストチャーチの裁判所に出廷した。アーダン氏によると世界各国を旅行し、ニュージーランドにも滞在。長期居住者ではなく、両国で監視対象にはなっていなかった。2017年11月にニュージーランドで銃を合法的に所持する許可を得た。アーダン氏は今後、銃規制を強化する考えを示した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ