PR

ニュース 国際

NZ乱射容疑者、イスラム教徒虐殺勢力の歌流す

 旧ユーゴスラビアのセルビアのメディアは15日、ニュージーランドで起きたモスク(イスラム教礼拝所)での銃乱射事件の容疑者がインターネットで流した映像に、1990年代の旧ユーゴの紛争中に、イスラム教徒の住民らを虐殺したセルビア人勢力の歌が流れていたと伝えた。

 報道などによると、旧ユーゴのボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中に歌われた歌。容疑者が移動中の車内で流れており、現地のボスニア大使が懸念を示した。イスラム教徒は殺害しなければならないとの趣旨の歌詞が含まれており、動機につながる可能性もある。

 ボスニア紛争では、イスラム教徒と敵対したセルビア人勢力が「民族浄化」と呼ばれる凄惨な戦闘を展開した。20日にはオランダ・ハーグで、戦争犯罪で禁錮40年の一審判決を受けたセルビア人勢力の政治指導者、カラジッチ被告への控訴審判決が予定されている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ