PR

ニュース 国際

中国首相会見、本紙の出席認めず 3年連続

中国全人代が閉幕し、記者会見する李克強首相(中央)ら=15日、北京の人民大会堂(共同)
中国全人代が閉幕し、記者会見する李克強首相(中央)ら=15日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京=藤本欣也】産経新聞は15日、北京の人民大会堂でこの日行われた中国の李克強首相による記者会見への出席を拒否された。

 産経新聞の出席が認められなかったのは2017年以降3年連続。産経新聞は同日、全人代側に文書で抗議した。

 また、中国当局は全人代の取材を申請した産経新聞東京本社の記者に記者証を交付しなかった。北京駐在の特派員らで組織する「駐華外国記者協会」(FCCC)は15日、声明を発表。今年の全人代では複数の外国メディアで記者証が交付されないケースがあり、取材活動が妨害されたとして懸念を示した。

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、産経新聞が李氏の記者会見への出席を拒否されたことに関し「取材の機会は適切で公平に設けられるべきだ」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ