PR

ニュース 国際

米空軍のB52爆撃機が南シナ海を飛行 今月2回目

米太平洋軍がアジア太平洋地域で展開する大型戦略爆撃機のB52=米グアムのアンダーセン空軍基地(米軍提供) 
米太平洋軍がアジア太平洋地域で展開する大型戦略爆撃機のB52=米グアムのアンダーセン空軍基地(米軍提供) 
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米太平洋空軍は14日、米空軍のB52戦略爆撃機2機が、中国の人工島造成による軍事拠点化が進む南シナ海の上空を13日に飛行したと発表した。

 米空軍は今月4日にも2機のB52を南シナ海と東シナ海上空で警戒飛行させており、これらの海域で覇権的行動を展開する中国に警告を発する狙いがあるとみられる。

 太平洋空軍によると、2機は米領グアムのアンダーセン空軍基地を飛び立ち、「定例の訓練」を行った後に同基地に帰還した。

 太平洋軍は「米航空機は同盟諸国やパートナー諸国、自由で開かれたインド太平洋を支援するため恒常的に南シナ海で作戦行動を展開する」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ