PR

ニュース 国際

英議会「離脱延期」可決の公算

 メイ氏は13日、予定された3月末の離脱を前提に合意なき離脱の是非を問う動議案を提出。それ以降の合意なき離脱の可能性を残す内容だったため、残留派を中心とする超党派議員が時期を限定しない修正案を提出。12日の離脱協定案に続き、政府案が敗れた。

 3月末に合意なき離脱となった場合、英国とEUの間に関税や通関手続きが復活し、激変緩和のため2020年末まで設けられる移行期間なしに英国は離脱。経済活動や市民生活に悪影響が及ぶことが懸念されており、日本企業を含めた経済界などは合意なき離脱の回避を訴えてきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ