PR

ニュース 国際

印パ対立選挙に影響も モディ氏、団結強調で支持拡大

 モディ氏がテロリストやパキスタンを批判し、一丸となることを訴えた結果、支持拡大につながったという分析がもっぱらだ。与党側には選挙への追い風になるとの見方が広まっており、南部カルナタカ州のBJP指導者は軍事的緊張によって、「(同州の定数28議席中)22議席以上は簡単に獲得できる」と“本音”を漏らして批判を浴びた。

 インド総選挙は4月11日から7回に分けて投票が行われ、5月23日に一斉に開票される。印パ関係に詳しい東洋アフリカ研究学院(英国)のアビナシュ・パリワル氏は「モディ政権は軍事的緊張を最大限利用したい考えだが、国民の多くが経済成長の恩恵が得られていない状態は変わらない。投票までに対パでわき上がった愛国心が落ち着く可能性もあり、BJPへの票に直結するかは不透明だ」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ