PR

ニュース 国際

インドネシア人女性の起訴取り下げ、ベトナム人被告の供述行われず 金正男氏殺害事件

Messenger
殺人罪の起訴が取り下げられ、釈放されたシティ・アイシャ被告(中央)=11日、クアラルンプール近郊(共同)
殺人罪の起訴が取り下げられ、釈放されたシティ・アイシャ被告(中央)=11日、クアラルンプール近郊(共同)

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が2017年2月にマレーシアの空港で殺害された事件で、実行犯として殺人罪に問われた女2被告の公判が11日、クアラルンプール近郊の高裁で再開された。検察は、2被告のうち、インドネシア国籍のシティ・アイシャ被告(27)の起訴を取り下げた。

 アイシャ被告の弁護士によると、取り下げ理由は、検察から示されなかった。

 アイシャ被告は、法廷を後にする際、報道陣から声をかけられ、笑顔で手を振り車に乗り込んだ。弁護士によると、クアラルンプールのインドネシア大使館に向かい、早ければ11日中にもインドネシアに帰国するという。この日は、インドネシア大使も法廷に訪れており、検察側の判断に「うれしい」と述べた。

 一方、ベトナム国籍のドアン・ティ・フオン被告(30)の殺人罪での審理は継続されるという。この日は、弁護側の被告人質問が始まり、ドアン被告が法廷で初めて供述する予定だった。

 2被告は、いずれも捜査段階から「いたずら番組の撮影だと思っていた。毒物とは知らなかった」と無罪を主張している。マレーシアでは殺人罪で有罪になれば死刑が適用される。

 検察側は公判で、2被告が殺害に使われた猛毒の神経剤VXの毒性を認識していたとして「訓練された殺人者」と主張。高裁は昨年8月、2被告に「殺意があったと推定される」として、弁護側に被告人質問や証人尋問などを行うよう求めていた。

 起訴状などによると、2被告は17年2月13日、北朝鮮国籍の男4人と共謀し、クアラルンプール国際空港で金正男氏の顔にVXを塗り、殺害したとされる。男4人は直後に出国、北朝鮮に帰国したとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ