PR

ニュース 国際

ミャンマー反政府集団が襲撃、警官9人殺害

Messenger

 10日のミャンマーメディアによると、同国西部ラカイン州で9日夜、武装した仏教徒ラカイン民族の反政府集団が警察署を襲撃し、警官9人を殺害した。

 ミャンマーでは1948年の独立後、少数民族が多数派のビルマ民族の支配に反発し、戦闘が続く。民族自決や民族間の平等などを主張するラカイン民族は、昨年12月ごろから治安機関への攻撃を激化させている。

 ラカイン州では1月4日にも反政府集団が四つの警察署を同時に襲撃し、治安要員13人を殺害した。

 ラカイン州には、イスラム教徒少数民族ロヒンギャも居住。2017年8月には、ロヒンギャ武装集団と軍の衝突があり、70万人以上が隣国バングラデシュに逃れた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ