PR

ニュース 国際

タクシン派政党に解党命令

Messenger
解党命令が出たことを知り、報道陣の前で手を合わせるタイ国家維持党の党首=7日、タイ・バンコクの憲法裁判所前(AP)
解党命令が出たことを知り、報道陣の前で手を合わせるタイ国家維持党の党首=7日、タイ・バンコクの憲法裁判所前(AP)

 【シンガポール=吉村英輝】タイの憲法裁判所は7日、ワチラロンコン国王の姉のウボンラット王女を首相候補に擁立した、タクシン元首相派政党の一つ「タイ国家維持党」について、解党命令を出した。24日実施の下院総選挙に向け、タクシン派には打撃となる。

 現地メディアによると、裁判官の6人が解党を支持し、3人が反対した。タイ国家維持党の幹部らは、10年間の政治活動が禁止される。最終審の判断となり、控訴などはできない。

 憲法裁は、同党が王女を擁立する権利はあったと認める一方、立憲君主制を埋没させたり、それに逆行するような行為はしてはならないと指摘。王室の政治的中立性を脅かしてはならないとの判断を示した。

 ウボンラット王女は、ドイツで観光展示会に出席中で、判決に先立ち、インスタグラムに「タイのために働き続ける」と投稿した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ