PR

ニュース 国際

金正恩氏の専用列車が帰国、習近平氏との会談は先送りか

Messenger
2日、ベトナム訪問を終え、北部ドンダン駅で見送りの人に手を振る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(共同)
2日、ベトナム訪問を終え、北部ドンダン駅で見送りの人に手を振る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がベトナム・ハノイ訪問の結果について「満足の意」を示し、2日に訪問を「成功裏に終えて」専用列車で帰国の途に就いたことを報じた。トランプ米大統領との肝心の再会談は事実上の物別れに終わっており、ベトナム政府の歓待ぶりを喧伝(けんでん)して糊塗(こと)するほかなかったようだ。

 金正恩氏の列車は中国を最短路線で北上し、4日夜に北朝鮮に入ったもようだ。帰路に中国の習近平国家主席と会談して米朝交渉失敗後の打開策を相談するかが注目されたが、習氏は全国人民代表大会(全人代=国会)開幕を5日に控えており、金正恩氏は北京に立ち寄らずに会談も先送りした可能性が高い。

 朝鮮中央通信は、今回のベトナム訪問が同国最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長らの「特別な関心と熱い歓待の中で成功裏に行われた」とし、「両党・両国の伝統的親善・協力関係を誇示し、世代を継いで発展させる上で重大な意義を有する画期的な出来事として輝かしく刻まれるだろう」と強調した。

 世代を継いでとは、金正恩氏の祖父の金日成(イルソン)主席の訪越から始まった友好関係を指しており、金正恩氏はベトナム首相から訪越時の祖父を写した写真を見せられ、満面の笑みを浮かべていた。今回の訪越が祖父の威光を再確認するしか“満足な成果”がなかったことの裏返しといえそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ