PR

ニュース 国際

韓国軍が代替演習をきょうから開始、正恩氏の要求を実質のむ

Messenger
2017年4月、米韓両軍が野外機動訓練の一環として実施した上陸訓練をする韓国海兵隊=韓国・浦項(共同)
2017年4月、米韓両軍が野外機動訓練の一環として実施した上陸訓練をする韓国海兵隊=韓国・浦項(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国軍合同参謀本部と米韓連合司令部は3日、米韓が中止を決めた合同指揮所演習「キー・リゾルブ」に代わる演習を「同盟(トンメン)」という韓国語の名称で4日から12日まで実施すると発表した。期間もこれまでの半分に短縮された。

 野外機動訓練「フォールイーグル」の中止後の措置については、特別な名称を使わずに大隊以下に規模を縮小した訓練を年間を通して行う予定だという。

 2つの大規模合同演習の中止に伴い、北朝鮮が強く反発してきた戦略爆撃機など米軍の戦略兵器の朝鮮半島周辺への展開も当面、見送られることになる。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が1月の新年の辞で求めていた米韓合同軍事演習と米戦略兵器の展開中止に米韓が実質的に応じた形だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ