PR

ニュース 国際

「家族捜して」願い変わらず マレー機不明5年で集会

Messenger
行方不明になったMH370機の機体をほおにペイントし、集会に参加した少女=3日、マレーシアのクアラルンプール(AP)
行方不明になったMH370機の機体をほおにペイントし、集会に参加した少女=3日、マレーシアのクアラルンプール(AP)

 2014年にクアラルンプール発北京行きのマレーシア航空機(乗客乗員239人)が消息を絶ってから8日で5年となるのを前に、乗客乗員の家族らが首都クアラルンプールで3日、集会を開き、真相解明のため機体の捜索を再開するよう求めた。

 妻チャンドリカさん=当時(51)=の行方が分からなくなっているインド人のナレンドランさんは「5年が過ぎても私たちの願いは変わらない。機体を見つけて、乗客を見つけて。真相が知りたい」と呼び掛けた。

 会場には16年にタンザニア沖などで見つかった機体の翼の破片など2点が展示された。これまで機体の主要部分やフライトレコーダー(飛行記録装置)などを搭載したブラックボックスは発見されていない。

 衛星記録などの分析から、同機は離陸後に針路を変更、逆方向のインド洋に向けて飛行し、墜落したと推定されている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ