PR

ニュース 国際

中国、米朝の「対話継続を希望」 北と対応協議へ

中国の王毅国務委員兼外相(右)と会談する北朝鮮の李吉聖外務次官=28日、北京の釣魚台迎賓館(共同)
中国の王毅国務委員兼外相(右)と会談する北朝鮮の李吉聖外務次官=28日、北京の釣魚台迎賓館(共同)
その他の写真を見る(1/4枚)

 【北京=藤本欣也】中国外務省によると、王毅国務委員兼外相は28日、北京で北朝鮮の李吉聖(リ・ギルソン)外務次官と会談し、合意に至らなかった米朝首脳会談について「双方の協議が困難に直面するのは避けられないが、対話を通じて朝鮮半島問題を政治的に解決するという方向性は明確になっている」と指摘した。「好事魔多し」との言葉を引用しながら、「双方が根気よく対話を継続し、歩み寄ることを希望する」とも述べた。

 北朝鮮メディアによると、習近平国家主席は1月に北京で金正恩朝鮮労働党委員長と会談した際、米朝非核化協議などの過程で生じた「難関と憂慮」について金氏から説明を受けている。習氏は米国に対する北朝鮮側の要求は「当然のものだ」と同意し、「中国は(北朝鮮の)頼もしい後ろ盾である」と表明した。

 中国側は、金氏が今回の米朝首脳会談で、あくまでも制裁解除を要求することは織り込み済みだったとみられる。しかしトランプ米大統領が譲歩しなかったことで、改めて北朝鮮側と対応を協議する必要に迫られている。28日に北京入りした李次官との協議などを通じ、中朝首脳会談の日程などを調整するもようだ。

 中国としては、米朝協議が行き詰まればそれだけ自らの“北朝鮮カード”の効力が高まることになる。

 ただ、中国の目下の急務は米中対立を緩和することだ。北朝鮮を操る「黒幕」として、トランプ氏から怒りを買わないよう慎重な対応も求められている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ