PR

ニュース 国際

非核化具体措置と制裁全面解除、折り合えず…米朝会談は不調に

Messenger
国際プレスセンターの大型スクリーンに映し出された、首脳会談場を後にするトランプ米大統領の車列=28日、ハノイ(共同)
国際プレスセンターの大型スクリーンに映し出された、首脳会談場を後にするトランプ米大統領の車列=28日、ハノイ(共同)

 【ハノイ=黒瀬悦成】ベトナムの首都ハノイで行われていたトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の2度目の首脳会談は28日、当初予定された共同合意文書への署名を見送り、予定を数時間切り上げて終了した。米側が非核化に向けた具体的措置を求めたのに対し、金正恩氏は経済制裁の全面解除を迫ったため折り合えず、会談は不調に終わった。

再会談の具体的時期は未定

 トランプ氏は会談後の記者会見で「北朝鮮は経済制裁の全面解除を要求してきた」と明かした上で、米国が寧辺(ニョンビョン)の核施設や北朝鮮が公表していない核関連施設の査察や廃棄を求めたところ金正恩氏が難色を示したため「立ち去ることを決めた」と述べた。また、「北朝鮮に対する制裁は維持される」と改めて表明した。

 サンダース米大統領報道官は声明で「双方の交渉チームが今後、協議を行う」と述べ、両首脳の再会談に向けて実務当局者間の協議が続けられるとの見通しを明らかにした。

 トランプ氏の記者会見に同席したポンペオ国務長官は、次回の実務者協議が「数週間以内に行われる」としたが、トランプ氏は再会談が「そう遠い先ではない」としつつも、具体的な時期は未定だと述べた。会談結果を安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に電話で知らせると明かした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ