PR

ニュース 国際

金氏、米朝対面を「ファンタジー映画と見るだろう」

首脳会談に臨むトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=28日、ハノイ(ロイター)
首脳会談に臨むトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=28日、ハノイ(ロイター)

 【ハノイ=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は28日、トランプ米大統領との会談で、記者団を前に「昨日に続いて、この瞬間も全世界がこの席を見守っていると思う」と述べ、昨年6月の初回会談以降、「この間、われわれが多く努力してきたが、いまそれを見せるときになった」と強調した。

 さらに、「われわれの対面を懐疑的に見てきた人々の中にも、われわれが対座して素晴らしい時間を過ごしていることに、まるでファンタジー映画の一場面として見ている人がいるだろう」とも指摘。「きょうも最終的に良い結果が出るよう最善を尽くす」と語った。

 トランプ氏から記者団に一言いうよう勧められると、「われわれには時間が貴重だが…」と述べ、ぎこちなく笑う場面もあった。「自信はあるか」との記者の質問には「即断は早いと思う」としながらも「私の直感では、良い結果が生まれるだろう」と応じた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ