PR

ニュース 国際

トランプ氏、漏洩メール公表を事前承知 元腹心が公聴会へ準備書面

Messenger
27日、米下院監視・政府改革委員会の公聴会で証言するコーエン被告=ワシントン(ロイター)
27日、米下院監視・政府改革委員会の公聴会で証言するコーエン被告=ワシントン(ロイター)

 【ワシントン=住井亨介】米下院監視・改革委員会は27日、トランプ大統領の元個人弁護士、マイケル・コーエン被告(脱税などの罪で有罪判決)に対する公聴会を開いた。これに先立ち、米政治専門サイト「ポリティコ」など米主要メディアによると、被告はロシアの2016年米大統領選干渉疑惑に関し、内部告発サイト「ウィキリークス」が民主党陣営に打撃となったメールを公表することをトランプ氏が事前に知っていたと主張する。

 同サイトが報じたコーエン被告の準備書面によると、大統領選中の16年7月、トランプ氏の盟友で政治顧問を務めたロジャー・ストーン被告(議会への偽証などの罪で訴追)が電話で同氏に漏洩メールが公表される計画を伝えた。

 ストーン被告は、ウィキリークス代表のジュリアン・アサーンジ氏から民主党のクリントン陣営にとって打撃となるメールを公表する見通しが示されたと伝え、トランプ氏は「すごいことになる」と反応を示したとしている。

 通話はスピーカーフォンの状態で行われ、コーエン被告も聞くことができたという。

 トランプ氏のファミリー企業によるモスクワでの高層ビル「トランプタワー」建設計画をめぐっては、大統領選の共和党予備選が始まる前の16年1月に頓挫したとしたコーエン被告による議会への説明が虚偽だったと認めたうえで、選挙期間中も計画の交渉が続いていたことをトランプ氏も承知していたとしている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ