PR

ニュース 国際

拉致解決へ「米との連携不可欠」 菅長官、米朝再会談前に

会見に臨む菅義偉官房長官=26日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=26日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は26日の記者会見で、北朝鮮による日本人拉致問題について、2回目の米朝首脳会談がベトナムの首都ハノイで27、28両日に開かれることを踏まえ「拉致問題解決のためには米国を含む国際社会との緊密な連携が不可欠だ」と述べた。「安倍晋三内閣で拉致問題を解決すべく、あらゆるチャンスを逃さず果断に、果敢に行動していきたい」とも語った。

 菅氏は20日に行われた安倍首相とトランプ米大統領の電話会談に触れ「トランプ氏から前回(昨年6月)の米朝首脳会談の際と同様に、拉致問題での協力を約束する旨の力強い発言があった。心強く思う」と話した。

 トランプ氏に拉致問題の交渉を託しているのではないかと問われると「託しているということではない」と否定した。「国際社会との連携と同時にわが国自身が主体的な取り組みを進めるのは当然のこと。首相も次は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と向き合う決意だと再三強調している」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ