PR

ニュース 国際

金正恩氏、狙いは米国の「核の傘」撤去か 首脳再会談

 金氏の言葉に「核軍縮」を当てはめると理解しやすい。時間稼ぎやペテンではなく、「米国と真剣に核軍縮を話し合いたい」。こう置き換えると、嘘ではないことになる。金氏の言う「朝鮮半島の非核化」の意味は、全ての核放棄ではなく、米国と力の均衡を保ちながら核軍縮を目指すという見方が成り立つ。

 新年の辞で金氏は、米韓合同軍事演習や韓国への戦略兵器の搬入の完全中止も求めた。メディアでは米朝首脳が合意したのは「朝鮮半島の非核化」で「北の非核化」ではないと主張。「周辺から全ての核脅威の要因を除去する」よう迫った。米国に日本を守るものを含む「核の傘」を全て撤去せよと要求したのだ。核軍縮交渉となれば、日韓を狙った中・短距離弾道も当面温存される恐れが強い。

 金氏が言う非核化が「完全な核放棄」を指すか「核軍縮」を指すかは米朝再会談で間もなく判明する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ