PR

ニュース 国際

【当世インド事情】村人はマッチョだらけ 貧困脱出へ「筋肉は裏切らない」

Messenger
インドの首都ニューデリー近郊にある“筋肉村”「アソラ・ファテプル・ベリ」で体を鍛える若者たち(森浩撮影)
インドの首都ニューデリー近郊にある“筋肉村”「アソラ・ファテプル・ベリ」で体を鍛える若者たち(森浩撮影)

 男性の多くが筋力トレーニングに日夜励む村が、インドの首都ニューデリー近郊にある。村の運動施設には若者が集まって日々、汗を流しており、「インド最強の村」(米CNNテレビ)との異名もとる。トレーニングに余念がない理由は、肉体を鍛えることで村人たちに職が生まれているため。流行語となった「筋肉は裏切らない」をまさに地でいく世界がインドにあった。(ニューデリー 森浩)

「2~3年で屈強な男に」

 ニューデリーから車で1時間ほどの村「アソラ・ファテプル・ベリ」。人口4000人程度の集落だが、普通の村と違うのは、毎日午後3時過ぎになると、若者たちが続々、運動施設に集い始めることだ。

 施設は村人たちがお金を出し合って整備したもので、30人程度がさまざまなトレーニングを行う。「みんな自らを鍛えることを愛しているし、何より生活のためなんだ」と、リーダーの一人であるタンワルさん(22)は話す。

 トレーニングは、力をつかさどるとされるヒンズー教の神ハヌマーンへの祈りから始まり、スクワットや腕立て伏せといった基本的な筋トレから、インドの国技「カバディ」などメニューは豊富だ。

 鍛錬に励む村人たちは酒もタバコも避けて、主に果物やナッツ、ヨーグルトなどを中心に摂取する菜食主義を貫く。トレーニングは「ハヌマーンの日」である毎週火曜日を除いて、ほぼ毎日行われている。「2~3年もトレーニングをこなせば屈強な男になれる」とタンワルさんは自信満々だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ