PR

ニュース 国際

北朝鮮が金正恩氏の出発を公表、余裕を見せ付け

Messenger
平壌駅で(左2人目から)北朝鮮の崔竜海朝鮮労働党副委員長、朴奉珠首相らに見送られる金正恩朝鮮労働党委員長=23日(朝鮮中央通信=共同) 
平壌駅で(左2人目から)北朝鮮の崔竜海朝鮮労働党副委員長、朴奉珠首相らに見送られる金正恩朝鮮労働党委員長=23日(朝鮮中央通信=共同) 

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は24日、朝鮮中央通信など国営メディアを通じて金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が27、28日にベトナム・ハノイで開かれる2回目の米朝首脳会談のため、23日午後に専用列車で平壌を出発したと発表した。北朝鮮メディアが米朝再会談の場所や日程を報じるのは初めて。

 会談の4日も前に出発し、本国を長期間不在にすることを公表することで、国内外に向けて余裕があるところをアピールした形だ。

 専用列車がベトナムまで4千キロ以上の路線を通ることになれば、他の列車の運行停止など中国側に多大な負担を強いる。後ろ盾の中国とは「それほどの無理が利く関係だ」と暗に誇示したともいえそうだ。

 中国国内の移動中に習近平国家主席ら中国側指導部と会談するかが注目される。メディアは、非核化など議題には触れなかった。

 朝鮮中央通信によると、米朝協議を担ってきた金英哲(ヨンチョル)党副委員長や金正恩氏の妹の金与正(ヨジョン)党第1副部長のほか、外交を統括する李洙●(=土へんに庸)(リ・スヨン)党副委員長や李容浩(ヨンホ)外相、努光鉄(ノ・グァンチョル)人民武力相らが同行した。平壌駅では、実質政権ナンバー2の崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長や朴奉珠(パク・ポンジュ)首相らが見送った。

 同通信は、金正恩氏がベトナムの最高指導者、グエン・フー・チョン共産党書記長の招請で同国を公式親善訪問し、チョン氏と首脳会談を行うとも伝えた。

 24日付党機関紙、労働新聞も1面に写真を掲載して金正恩氏の出発を報道。朝鮮中央テレビも24日、儀仗(ぎじょう)兵が並び、赤絨毯が敷かれた平壌駅のホームで金正恩氏が列車に乗込み、手を振る様子を放映した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ