PR

ニュース 国際

フライツ前大統領補佐官に聞く…北は核査察受け入れる

フレッド・フライツ前米大統領補佐官
フレッド・フライツ前米大統領補佐官

 【ワシントン=古森義久】トランプ米政権の中枢で最近まで北朝鮮の非核化に関与してきたフレッド・フライツ前大統領補佐官が23日までに産経新聞のインタビューに応じ、月末に迫った米朝首脳再会談を展望した。フライツ氏は、トランプ米大統領がなお北朝鮮の核兵器の完全廃棄を目指しながらも、一部要求を柔軟化させ金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長から北朝鮮の核とミサイル施設への査察の合意を取りつけられる見通しを示した。

 フライツ氏は、トランプ政権の対北基本姿勢について「核武装した北朝鮮は絶対に許容しない。北朝鮮の防衛には核兵器も長距離弾道ミサイルも不要な攻撃用兵器であり、国際社会にとっても受け入れ難い」と述べ、完全非核化政策が揺らいでいないことを強調した。

 同氏は、北があくまでその開発を進めれば米国との軍事対決も起きるとして、「北朝鮮が年来の政策を一転させ非核化の協議に応じたのは、トランプ大統領の2017年の国連演説での北の『完全破壊』という言葉が最大の理由だろう」とも語った。

 今回の首脳会談の予測として、フライツ氏は「慎重な楽観主義という前提だが」と述べたうえで、金委員長がトランプ大統領の要求に応じて、北朝鮮内の寧辺(ニョンビョン)を含む核施設とミサイル施設に対する米国による査察を認める合意に応じる可能性が高い、と指摘した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ