PR

ニュース 国際

【米朝首脳再会談】金正恩氏の専用列車が平壌を出発、26日にベトナム入りしサムスン工場など視察

Messenger
丹東駅を出発した、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を乗せたとみられる列車(下)=23日、中国遼寧省丹東市(共同)
丹東駅を出発した、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を乗せたとみられる列車(下)=23日、中国遼寧省丹東市(共同)

 【ソウル=桜井紀雄、シンガポール=吉村英輝】ロシアのタス通信は23日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が日本時間23日午後5時ごろ、ベトナム・ハノイで27日に始まる米朝首脳再会談に向け、特別列車で平壌を出発したと、外交筋の話として報じた。

 中国国営の通信社、中国新聞社などもタス通信を引用する形で報じた。列車は23日夜、中朝国境を通過して中国側に入ったもようだ。

 金氏の訪問について、ベトナム政府高官は23日、中国と国境を接するランソン省に金氏が26日に到着し、その後、車でハノイまで移動する途中に経済視察を行う見通しだと明らかにした。

 当局が同省のドンダン駅周辺とハノイを結ぶ国道などを26日早朝から午後まで通行禁止とする措置を決めたと報じられていた。

 金氏は、中国国内を列車で縦断する際、往路か帰路に、習近平国家主席ら要人と会談する可能性が高い。

 中国遼寧省の丹東で、客室から北朝鮮との国境をつなぐ「中朝友誼(ゆうぎ)橋」が見渡せるホテルでは23日、宿泊を受け付けなかった。ベトナムまでの経由地となる南部の広東省広州で、一部の列車が23~25日に臨時に運行を中止すると通知されたとも報じられている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ