PR

ニュース 国際

金正恩氏は26日に鉄道で訪越か

Messenger
中越国境のベトナム側ドンダン駅では線路を清掃する人たちの姿が見られた=22日(共同)
中越国境のベトナム側ドンダン駅では線路を清掃する人たちの姿が見られた=22日(共同)

 【シンガポール=吉村英輝、ソウル=桜井紀雄】ベトナム外務省は23日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が数日中にベトナムを公式親善訪問すると発表した。ベトナムメディアによると、ベトナム当局は、中国との国境に近いランソン省ドンダン駅周辺と首都ハノイを結ぶ国道などを26日早朝から午後まで通行禁止とする措置を決めた。

 ベトナム政府筋によると、金氏は27日からトランプ米大統領とハノイで首脳会談を行うため、鉄道を使って陸路でベトナム入りする予定。25日に到着するとの観測があったが、交通規制の状況からは26日になると予想される。北朝鮮からベトナムまでを結ぶ中国国内の鉄道路線でも統制が始まったと伝えられ、金氏の専用列車が23日夜にも中国に入る可能性がある。

 韓国の聯合ニュースなどによると、北朝鮮との国境の中国・丹東にあるホテルの一つは、23日の宿泊を受け付けていない。中朝を結ぶ「中朝友誼橋」が客室から見渡せ、金氏の専用列車が通過する度に同様の措置が取られてきた。ベトナムまでの経路となる広州では、一部の列車が23~25日に臨時に運行を中止すると通知されたという。

 ただ、専用列車が中国内を通過しても随行員や装備だけを乗せ、金氏は専用機で移動し、途中合流することも想定される。金氏が乗車していれば、途中で中国要人と面会する可能性もある。ベトナムのドンダン駅からは専用車に乗り換え、最短ルートの道路でハノイに向かうとみられている。

 ベトナム外務省は、金氏の訪越は最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長の招待によるものだとしている。チョン氏は24~26日の日程でラオスとカンボジアを訪れる予定で、米朝会談前の26日に金氏と会談する可能性もある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ