PR

ニュース 国際

原子力魚雷の発射映像公開 ロシア、今春に原潜配備

Messenger
ロシア国内で行われた原子力魚雷「ポセイドン」の発射実験の様子=撮影日不明(ロシア国防省提供、AP)
ロシア国内で行われた原子力魚雷「ポセイドン」の発射実験の様子=撮影日不明(ロシア国防省提供、AP)

 ロシア国防省は21日までに、核弾頭が搭載可能な新型原子力魚雷「ポセイドン」の発射実験の映像を初公開した。プーチン大統領は20日の年次報告演説で、ポセイドンを発射できる原子力潜水艦の1番艦が今春に就役予定だと表明した。

 演説後の20日に発表された映像では、水中で発射されるポセイドンが映し出された。撮影時期や場所は不明だが、ショイグ国防相は「海中実験は成功した」と宣言。原潜の乗組員への訓練も実施済みとしている。

 国防省などによると、原子力が動力源のポセイドンは全長10メートル以上、直径約1メートル。敵艦艇や遠く離れた海軍基地などへの攻撃を想定している。能力の詳細は公表されていないが、ロシアの軍事専門家コシキン氏などによると、海中での速度は米国の最速の魚雷を上回り、航続距離は約1万キロで、広島に投下された原爆の100倍を優に超える最大2メガトンの威力がある核弾頭を搭載可能としている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ