PR

ニュース 国際

民主「本命」のバーニー・サンダース上院議員が出馬表明 急進左派 米大統領選

Messenger
記者会見する米上院議員のサンダース氏=1月30日、ワシントン(AP)
記者会見する米上院議員のサンダース氏=1月30日、ワシントン(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】2016年大統領選で民主党候補指名をクリントン元国務長官と最後まで争ったバーニー・サンダース上院議員(77)が19日、来年の大統領選に民主党から出馬すると表明した。高い知名度から現時点では同党の「本命」候補の一人と目されており、「国民皆保険」などの急進左派的主張を掲げてトランプ大統領の再選阻止を目指す。

 サンダース氏は「民主社会主義者」を自称する民主党系の無所属議員として活動。19日に地元バーモント州の公共ラジオで放送された出馬表明のインタビューでは「私たちは16年大統領選の選挙運動で政治革命を始めた。今こそ革命を前進させるときだ」と訴えた。

 サンダース氏は以前から「メディケア(高齢者・障害者向け公的医療保険)への全員加入」「最低時給を15ドル(1660円)に」などを訴えて支持を広げ、今回出馬表明した他の候補も同氏の政策を採用するなど、民主党を左傾化させる原動力となってきた、

 ただ、サンダース氏だけが突出した主張をしていた16年大統領選とは異なり、他の候補も似たような政治的立場であることから、同氏が逆に埋没する恐れも指摘されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ