PR

ニュース 国際

「一番列車」、牛と衝突か インド初の準高速鉄道

Messenger

 15日に運行を始めたばかりのインド初の準高速鉄道の「一番列車」がいきなり車輪の不具合に見舞われた。国民の約8割を占めるヒンズー教徒が神聖視する牛と衝突したのが原因とみられる。18日までに地元メディアが伝えた。

 一番列車の出発式は15日に首都ニューデリーでモディ首相も出席して開かれた。終点となるヒンズー教の聖地バラナシに到着後、引き返す途中に不具合が発生したという。

 地元メディアによると、17日からの営業運転に支障はなかった。準高速鉄道は両都市間を最高時速約180キロで結び、所要時間は約8時間と現在より3時間以上短縮されるという。

 インドでは線路内に牛が進入することは珍しくない。西部アーメダバードとムンバイでは日本の新幹線技術を導入した高速鉄道が計画されているが、ほとんどが高架やトンネルとなる予定だ。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ