PR

ニュース 国際

金正恩氏、25日に訪越か 米朝首脳会談に先立ち

Messenger
8日、北朝鮮の首都平壌で、創建71年を迎えた朝鮮人民軍の祝福のため人民武力省を訪れた金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)
8日、北朝鮮の首都平壌で、創建71年を迎えた朝鮮人民軍の祝福のため人民武力省を訪れた金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【シンガポール=吉村英輝】ロイター通信は16日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、27~28日のトランプ米大統領との再会談に先立ち、25日からベトナムを訪問する見通しだと報じた。トランプ氏は会談場所の首都ハノイに26日に入る見通し。金委員長は再会談の前に、ベトナム首脳らとの会談や、経済視察を行う可能性がある。

 ロイターは、金委員長の視察先にハノイに近い工業地区や、北部港湾都市ハイフォンなどを挙げた。

 米政府高官は、ベトナム戦争後に米国と関係を改善し、経済発展を続けるベトナムが北朝鮮の“お手本”になり得ると言及。ベトナムが30年以上前に市場経済システムを取り入れた「ドイモイ(刷新)」政策に北朝鮮は関心を示しているとされる。

 また、ベトナムの最高指導者、グエン・フー・チョン共産党書記長は、27日までの日程でラオスなどを訪問する前に、金委員長と会談する可能性があるとしている。

 一方、金委員長の秘書役を務めるキム・チャンソン国務委員会部長らは16日、ハノイに到着し、市内のホテルなどを視察した。再会談に向け、金委員長の宿泊先や会談場所などの確認作業に着手したとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ