PR

ニュース 国際

米大統領が非常事態宣言 壁建設、最大80億ドル捻出 野党は法的手段も

Messenger
米ホワイトハウスで国家非常事態を宣言すると発表するトランプ大統領=15日(AP=共同)
米ホワイトハウスで国家非常事態を宣言すると発表するトランプ大統領=15日(AP=共同)

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は15日、メキシコ国境の壁を建設するため国家非常事態を宣言し、国防総省などの関係機関が「必要なすべての措置をとる」と明記した宣言文書を公布した。トランプ氏は「薬物や犯罪者の流入を止める」と述べ、壁建設の必要性を主張。非常事態宣言を受けた予算の組み替えなどで最大で約80億ドル(約8800億円)を捻出(ねんしゅつ)できると明らかにした。

 これに対し、野党・民主党のペロシ下院議長とシューマー上院院内総務が声明を出し、「大統領が合衆国憲法を引き裂くことを議会は許さない」と非難した。民主党執行部は提訴などの法的手段も視野に対応策を検討する構えだ。下院司法委員会は非常事態宣言の適法性を問う調査に乗り出す方針を表明した。

 トランプ氏は15日、非常事態宣言の関連文書に署名した。また、14日に上下両院を通過し、「障壁」の建設費に13億7500万ドルを計上した新たな予算案が、15日中にトランプ氏の署名を経て成立した。

 トランプ氏は演説で「われわれは(国境で)国家安全保障上の危機に直面している」と指摘。壁建設は問題解決にならないとする民主党に対して、「壁が役立つことは(国境管理当局者の)誰もが知っている」と反論した。

 米政府高官によると、国境対策に充てる最大約80億ドルの資金は、国防総省が持つ土木建築向けの財源や、財務省傘下の基金などを転用して確保できるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ