PR

ニュース 国際

IOCと南北が3者会合 東京五輪での南北合同チームなど協議

 【パリ=三井美奈】国際オリンピック委員会(IOC)は15日、韓国と北朝鮮の各代表との3者会合をスイス・ローザンヌのIOC本部で開いた。2020年の東京五輪での南北合同チーム結成や開会式での合同入場行進を目指し、協議を行ったとみられる。

 会合にはIOCのバッハ会長、北朝鮮のオリンピック委員会委員長を務める金日国(キム・イルグク)体育相、韓国の都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光相らが参加。東京五輪に向け、合同チームが結成可能な競技の選定などが議題になった模様だ。

 IOCは事前発表で、3者会合について、南北のスポーツ協力を深めるため、「東京五輪、さらに五輪の準備段階での共同活動の可能性」を話し合うのが目的だとしていた。

 昨年9月の南北首脳会談では、32年夏季五輪の共同招致を目指す方針も打ち出しており、3者会合で提起される可能性がある。ただ、北朝鮮については13日、世界反ドーピング機関(WADA)が国際基準の規定を順守していない「不適格組織」に認定したと発表しており、検査態勢が改善されなければ、北朝鮮での五輪開催は難しい。

 バッハIOC会長は先週の声明で、昨年の平昌五輪で南北合同チームが実現したことを振り返り、今回の会合で「朝鮮半島の和平に対するIOCの貢献策を探る」方針だと述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ