PR

ニュース 国際

中国、伊藤忠社員を1年拘束 スパイ容疑か

Messenger

 中国広東省の広州市当局が、大手商社、伊藤忠商事の40代の男性社員を、スパイ容疑で約1年にわたり拘束していることが14日、複数の関係者の話で分かった。日本の大手商社の社員が、中国で長期間拘束されるのは異例。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は14日の記者会見で、昨年2月に40代の日本人男性1人が中国当局に拘束され、6月に起訴されたと明らかにした。容疑などは明言せず「邦人保護の観点からできる限りの支援をしている」と述べた。

 関係者らによると、日本国内で勤務していた男性は広州市を訪問し、国家の安全を害したとして昨年2月に同市国家安全当局に拘束された。既に起訴されて公判も始まっているが、判決はまだ出ていないという。具体的にどのような行為が罪に問われているかは不明。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ