PR

ニュース 国際

【World感動】地球の次は、女児を虐待から救え あの名曲アーティスト奮闘

Messenger

 先ごろ、千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件に衝撃が広がっている。

 昨年には、東京都目黒区で当時5歳の女児が、両親から虐待を受け、「パパ、ママ、ゆるして…」と書いたノートを残して死亡する痛ましい事件が起きた( https://www.sankei.com/affairs/news/180606/afr1806060014-n1.html )。

▼【関連ニュース】虐待死5歳女児が書かされた反省文(全文)「パパ、ママ、ゆるして…」

 警察庁が2月7日に公表した平成30年の犯罪情勢(件数などは暫定値)によると、全国の警察が虐待を受けた疑いがあるとして児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子供が前年比22・4%増の8万104人で、統計のある16年以降、初めて8万人を突破。昨年の摘発件数も平成21年に比べ3倍超となるなど、せい惨な虐待事件は後を絶たない。

 そして、子供たちが大人から虐待を受けるケースは日本だけでなく、米国でも社会問題化している。そんな米国で、とある1人のロッカーの取り組みが称賛されている。

小惑星から地球を救う…映画「アルマゲドン」に主演した俳優ブルース・ウィリス=米国ニューヨークのカーネギーホール(AP)
小惑星から地球を救う…映画「アルマゲドン」に主演した俳優ブルース・ウィリス=米国ニューヨークのカーネギーホール(AP)

■4人に1人が性的虐待…救出へ大御所タイラー、私財を投じ

 2月6日付の米NBCニュースやFOXニュース(いずれも電子版)など、全米の主要メディアが大きく報じているのだが、デビュー以来、46年のキャリアを誇るベテランハードロックバンド「エアロスミス」のボーカリスト、スティーヴン・タイラー(70)が、私財を投じ、虐待を受けたり、育児放棄(ネグレクト)の被害で苦しんだりしている女の子のための福祉施設「ジェイニーズ・ハウス」を米国南部テネシー州のメンフィスにオープンさせたのだ。

(YouTube https://www.youtube.com/watch?v=JkK8g6FMEXE )

 「エアロスミス」と言えば、ブルース・ウィリス主演の映画「アルマゲドン」の主題歌でも有名だが、スティーヴン・タイラー協力でオープンした施設の名前は、バンドが1989年に発表した10作目のアルバム「パンプ」に収録された大ヒット曲「ジェイニーズ・ガット・ア・ガン」から借用している。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ