PR

ニュース 国際

シャナハン米国防長官代行がアフガン訪問

Messenger
パトリック・シャナハン米国防副長官(AP)
パトリック・シャナハン米国防副長官(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省は11日、シャナハン国防長官代行が同日、アフガニスタンを予告なしに訪問し、ガニ大統領やアブドラ行政長官らとイスラム原理主義勢力タリバンとの和平協議や米軍撤収問題などに関し協議したと発表した。シャナハン氏が長官代行としてアフガンを訪問するのは初めて。

 同省報道官によると、ガニ氏らとの会談では、「アフガン内戦を政治的に決着させ、アフガン国土を再び米国や同盟諸国に攻撃を仕掛けようとするテロリストの隠れ家にしないようにするための対応策が話し合われた」としている。

 シャナハン氏は同行記者団との懇談で、米国のハリルザド・アフガン和平担当特別代表らとタリバンとの間で進められている和平協議に関し、「アフガン政府が協議に参加することが重要だ」と強調。タリバンは「アフガン政府は米国の操り人形だ」と決めつけ、直接協議を拒否している。

 シャナハン氏はまた、アフガン駐留米軍(約1万4千人規模)の縮小・撤収について「具体的な指示は得ていない」とし、「米軍は地域の安全保障に重大な関心を抱いている。米軍の今後は和平協議の成果次第だ」と述べるにとどめた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ