PR

ニュース 国際

「厳寒・日韓 2019こう動く」 櫻井よしこ氏らが徹底討論

Messenger
正論シンポジウム「厳寒・日韓2019こう動く」で議論を交わすジャーナリストの櫻井よしこ氏=11日午後、東京都千代田区(鴨川一也撮影)
正論シンポジウム「厳寒・日韓2019こう動く」で議論を交わすジャーナリストの櫻井よしこ氏=11日午後、東京都千代田区(鴨川一也撮影)

 混迷を極める日韓関係を語り尽くすシンポジウム「厳寒・日韓 2019こう動く」(主催=月刊誌『正論』、共催=モラロジー研究所)が11日、砂防会館別館(東京都千代田区平河町)で開かれた。ジャーナリストの櫻井よしこ氏、産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏、麗澤大客員教授の西岡力氏が、隣国といかに付き合うべきかを徹底討論した。

 いわゆる徴用工訴訟に関する韓国最高裁の確定判決などを受け、日本は隣国にどう対応すべきなのか…。

 櫻井氏は「韓国製品は日本製の精巧な部品を組み立てることで成り立っている。(日本が輸出を控えると)彼らの産業は決定的に痛めつけられてしまう。日本政府は今のところ穏やかに対応しているが、場合によっては反撃することを冷静に見せつけることも大事だ」と主張した。

 これに対し、黒田氏は「輸出を控えることで困るのは、韓国との貿易で黒字を出している多くの日本企業だ。彼らは韓国に商売を支えてもらっているので、政治問題には関わりたくないというのが本音だ。残念ながら経済制裁は実現しないし、効果はない」と反論した。

 西岡氏は「日本が制裁に踏み切るとすれば、韓国製品に対して関税を上げるのが一番あるべき姿だ。日米貿易摩擦の時代、発動はしなかったが、米国への報復措置として日本がそのような法案を用意したこともある」と述べた。

 シンポジウムには、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの母、早紀江さんら約1000人が出席。話題は韓国の文在寅政権論、日本人の拉致問題、東アジア情勢など多岐に及んだ。

 詳細は月刊「正論」4月号(3月1日発売)に掲載する予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ