PR

ニュース 国際

「非核化への転換点に」 韓国の文在寅大統領が米朝会談に期待

Messenger
前回の米朝首脳会談で握手する金正恩・朝鮮労働党委員長(左)とドナルド・トランプ米大統領=2018年6月、シンガポール(AP)
前回の米朝首脳会談で握手する金正恩・朝鮮労働党委員長(左)とドナルド・トランプ米大統領=2018年6月、シンガポール(AP)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、27、28日に予定される米朝首脳再会談について「朝鮮半島の完全な非核化、新たな米朝関係、朝鮮半島の平和体制をより具体的で可視的なものにする重大な転換点になると期待している」と述べた。政府の会議で語った。

 文氏は「朝鮮半島の非核化と和平プロセスは果たしてうまくいくのかという疑問が少なくないのが現実だ」と指摘。「それでも南北や米国の首脳が揺るぎなく(非核化を目指す)道を歩むのは、歴史が向かうべき方向に関する強い信念があるからだ」と強調した。

 文氏は「前例のない果敢な外交努力で、深い不信の海を渡っている米朝の指導者の決断に敬意を表する」と述べた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ