PR

ニュース 国際

北朝鮮担当特別代表、対北協議について日韓に説明

Messenger
9日、ソウルの韓国外務省で会談する米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(左)と康京和外相(共同)
9日、ソウルの韓国外務省で会談する米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(左)と康京和外相(共同)

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮を6~8日に訪問していた米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は9日、ソウルで韓国の康京和(カンギョンファ)外相、李度勲(イドフン)・朝鮮半島平和交渉本部長、日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長と相次ぎ会談し、北朝鮮との実務協議の状況を説明。北朝鮮の核問題解決に向け緊密に連携することを確認した。

 ビーガン氏は3日間の平壌滞在中、北朝鮮国務委員会の金革哲(キムヒョクチョル)特別代表と朝鮮半島の非核化や米朝関係の改善などについて議論した。韓国外務省関係者によれば、ビーガン氏は「平壌での協議は生産的だった。トランプ大統領は次のステップを期待している」と述べたという。

 一方、金杉氏はビーガン氏、康氏、李氏と昼食を共にし、李氏とは個別に会談した。金杉氏によると、一連の会談では、今月27、28日にベトナム・ハノイで予定される米朝首脳会談を実り多いものにするため、日米韓が緊密に協力していくことを確認したという。

 いわゆる元徴用工の問題や韓国海軍駆逐艦による自衛隊機へのレーダー照射問題など、日韓の懸案について日韓の間で踏み込んだ話し合いはなかったもようだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ