PR

ニュース 国際

米朝首脳会談はハノイで開催 トランプ氏がツイッターで発表

Messenger
2018年6月、米朝会談時のトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター)
2018年6月、米朝会談時のトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は8日、今月27、28日にベトナムで予定している2度目の米朝首脳会談を同国の首都ハノイで行うとツイッターで発表した。

 トランプ氏は、国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が8日まで平壌で行っていた北朝鮮当局者との実務者協議が「非常に建設的だった」とした上で、「金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談と平和への大義を前進させることを楽しみにしている」と述べた。また、金正恩氏の統治の下での北朝鮮は「素晴らしい経済大国になる」と指摘した。

 一方、国務省によると、ビーガン氏は北朝鮮の実務協議担当者である金革哲(ヒョクチョル)元駐スペイン大使との協議で、首脳会談の前に改めて協議を行うことで合意した。具体的な日程は明らかにしていない。

 米朝の実務者協議は3日間にわたって行われ、非核化に加え、米朝関係の改善や朝鮮半島の平和構築の進め方について話し合った。米国が朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言を行うかどうかや、平壌に米連絡事務所を設置することの是非に関しても意見を交わした可能性もある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ