PR

ニュース 国際

タイ親軍政政党などに衝撃 王女が首相候補に

Messenger

 【マニラ=吉村英輝】タイのタクシン元首相派政党、タイ国家維持党は8日、3月24日の総選挙に向けた同党の首相候補に、ウボンラット王女(67)を選挙管理委員会に届け出た。王室関係者が政党の首相候補になるのは極めて異例。民政移管後も権力維持を目指しプラユット暫定首相を首相候補に擁立した親軍政政党などにも衝撃で、選挙戦略の見直しを迫られそうだ。

 王女は国民の敬愛を集めた故プミポン前国王の長女。米国留学中に米国人男性と結婚したことで王室籍からは離れたが、離婚したため王室に準じた扱いをされている。ワチラロンコン現国王と親しいとされる。また、タクシン元首相とも交流があったとされる。

 タイ国家維持党は、タクシン派政党のタイ貢献党が解党処分などを受けた場合に備え、設立された側面がある。そのため、タクシン派の市民団体幹部らが党役員を占めていたが、8日の首相候補届け出締め切りを前に、ウボンラット王女の関係者とみられる人々が党役員に入れ替わっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ