PR

ニュース 国際

タイ王女が首相候補に 総選挙でタクシン派が届け出

Messenger
王宮での儀式に参列するタイのウボンラット王女=2017年10月、バンコク(ロイター=共同)
王宮での儀式に参列するタイのウボンラット王女=2017年10月、バンコク(ロイター=共同)

 タイのタクシン元首相派政党、タイ国家維持党は8日、3月の総選挙に向けた同党の首相候補としてウボンラット王女(67)を選挙管理委員会に届け出た。王女は故プミポン前国王の長女で、ワチラロンコン国王の姉。王室関係者が政党の首相候補になるのは極めて異例だ。

 王室関係者が正式に首相候補となれば新たな政治的混乱を招きかねず、国民の間に動揺や戸惑いが広がった。選管は届け出を受理するか慎重に検討する。

 一方、タクシン派と対立する親軍政政党の国民国家の力党は8日、プラユット首相を同党の首相候補として選管に届け出た。タイ国民が崇拝する王室関係者がタクシン派の「顔」となれば、親軍政政党などは厳しい戦いになると予想される。

 ウボンラット王女はタクシン元首相と親しいとされている。外国人と結婚したことで王室籍からは離れたが、離婚したため王室に準じた扱いをされている。

 プラユット氏は選挙には立候補せず、国会議員にはならない予定。(バンコク 共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ