PR

ニュース 国際

シリア駐留米軍完全撤収、4月末までに 米紙報道

Messenger

 【ワシントン=住井亨介】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は7日、米軍がイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)掃討支援のためシリアに駐留させている全部隊の撤収を4月末までに終えるよう作業を進めていると、当局者の話として報じた。撤収開始の時期には触れていない。

 同紙によると、3月中旬までに部隊の大部分が撤収する計画で、4月末までに撤収を完了させるという。

 米国は、米軍がIS掃討で共闘していたクルド人勢力を「テロ組織」とみなすトルコに対して、同勢力を攻撃しないよう働きかけているが話し合いは難航している。同紙は、トルコとの合意を前に撤収が完了する可能性があるとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ