PR

ニュース 国際

トランプ氏、習氏と会談予定「まだない」 貿易協議、隔たり残る

Messenger
トランプ米大統領=7日、ワシントン(ロイター)
トランプ米大統領=7日、ワシントン(ロイター)

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は7日、中国との貿易協議の期限である3月1日までに中国の習近平国家主席と会談する予定は「まだない」と述べた。米国から閣僚級の交渉団が来週訪中する予定だが、米政権高官は米中間に「大きな隔たりがある」(クドロー国家経済会議委員長)と指摘し、期限内の交渉妥結は容易ではないとの認識を示した。

 トランプ氏はホワイトハウスで、米中首脳会談の予定に関して記者団から質問された際、「まだない。恐らく早すぎる」と答えた。

 これに先立ち、米CNBCテレビは米政府高官の話として、3月1日までにトランプ氏と習氏が会談する可能性は「非常に低い」と伝えていた。

 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官は来週、閣僚級協議のため北京を訪問する予定。CNBCは米中首脳会談の実現可能性について、閣僚級協議の進展次第で流動的な側面があるとも報じている。

 トランプ氏は5日の一般教書演説で、中国との最終的な合意には「(中国による)真の構造改革が含まれなければならない」と強調し、中国に知的財産権侵害の是正などを確約するよう迫る考えを示した。

 先月末の米ワシントンでの閣僚級協議で、中国が米政府に首脳会談を打診したとされる。トランプ政権は現段階での首脳会談の見込みを否定し、会談実現に向け中国側に歩み寄りを迫る構えとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ