PR

ニュース 国際

ビーガン米代表が訪朝、首脳再会談に向け実務協議

 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(米国務省提供・共同)
 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(米国務省提供・共同)

 【ソウル=桜井紀雄】米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が6日、訪問先の韓国から北朝鮮に向けて出発した。今月27、28日にベトナムで予定される2回目の米朝首脳会談の議題などについて、平壌で北朝鮮側と実務協議を行う。

 聯合ニュースによると、ビーガン氏はソウル南方の烏山(オサン)米空軍基地から米軍機で韓国をたった。ビーガン氏の平壌訪問は昨年10月にポンペオ国務長官に同行し訪朝して以来。

 北朝鮮の新しい実務協議担当者の金革哲(キム・ヒョクチョル)元駐スペイン大使らと会談するもようだ。詳しい滞在日程は明らかにされていない。

 ビーガン氏は3日に訪韓し、韓国外務省や大統領府の高官らと意見交換した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ